横浜市指定管理者第三者評価

   サービスを提供する事業者のサービス提供上の問題点や課題を把握して、
   サービスの質の向上を図るため、経営コンサルタントのノウハウを生かした
   第三者評価が持ち味のNPO法人です。

 指定管理者制度とは

  多様化する市民ニーズに、より効果的、効率的に対応するため、
  民間のノウハウを活用しながら市民サービスの向上と経費の削減を図ることを
  目的として、公共施設の管理運営を民間事業者も含めた幅広い団体が管理運営
  できる制度です。

 指定管理者第三者評価とは

  公共施設の管理水準の一層の維持向上を図るため、施設運営について、
  客観的な第三者による点検評価を実施し、指定管理者がこうした第三者評価を
  積極的に活用することを通じて、自らがサービスの向上を図ることができます。

 第三者評価事業評価方針

  ●利用者の視点に立って客観的に検証し、評価基準に沿って公平・公正に事実を
   確認します。
  ●指定管理者様の日々の取り組みや努力・工夫をしっかりと見極め、更にアドバイスも
   心がけます。
  ●作業は原則として評価員のみで行います。
  ●評価は2名ないし3名で当たり、漏れや間違いの無いよう、また、効率的に確認作業に
   努めます。
  ●指定管理者様の自己評価の記入法や、必要な資料等について、
   ご助言・ご指導申し上げます。

 指定管理者第三者評価の流れ(イメージ)