介護サービス情報公表調査

 NPO中小企業再生支援の介護サービス情報公表制度における調査の実施内容

 介護サービスの現場を熟知している調査者による調査

  介護サービスの現場で活躍していたケアマネジャー、介護福祉士、ケアワーカー
  やマネージメント経験者等の調査員が、その経験、知識、ノウハウを生かして
  介護サービス事業所を訪問し調査を実施します。

 1.指導監査や第三者評価との違い 

情報公表制度における調査 第三者評価 指導監査
目的 利用者のニーズに応じた選択に
資する情報の提供
事業所自らが改善項目を明らかにしてサービスの質を高める 施設基準等の遵守
状況を確認
実施主体 県・市(指定情報公表センター)
 (指定調査機関)
民間の評価機関 行政機関(県・市)
実施 義務 任意 義務
特徴 ・調査員が事実確認のため訪問
調査を実施
・内容の良し悪しの判断や評価、改善指導等は行わず、評価は利用者に委ねられる
・事業所が評価機関を
選択
・評価機関独自の評価基準による評価の実施
・法令等に基づいて行政機関が実施
・基準等に適合しない部分について改善を指導

2.情報公表の制度の仕組み 

 ◆情報公表制度のしくみはこちら

3.情報公表制度の法的根拠 

 ◆情報公表制度の法的根拠はこちら